【ライトノベル】おひとりさまでした。(全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社ポニーキャニオン
作者天那光汰
最終巻発売日2016年02月03日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


なろうコン大賞作品。 旨い飯を一人で食う。それだけで充分幸せだ。だけどもし、隣に誰かいたら---。 速見誠一郎29歳、独身。恋人もなし。食べ歩きと、一日一冊の読書。 一人の時間をこよなく愛する誠一郎は、一人きりの食卓に並ぶ料理を日々笑顔で見つめていた。 そんな誠一郎はある日突然、偶然にも魔界の悪魔を召喚してしまう。 リリスと名乗る悪魔娘に、願いを一つ叶えてやると言われた誠一郎。 ……後になって振り返る。自分は何故、あんな願いを口にしたのだろうと。 この話は、アラサー男が悪魔娘と飯を食う。たったそれだけのお話です。

ポイント3% 19pt
702 税込

欲しい

このページのTOPへ