【ライトノベル】猫かぶり花嫁と悪役公爵 (全1冊)
出版社小学館
作者葵木あんね
最終巻発売日2016年02月26日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


王の花嫁が、謎の青年に恋をして!? ルシェノワ王国の王女ディアーヌは、政略結婚のためロネベルク王・ユリウスに嫁ぐ。しかし王は叔父であり、影の国王と囁かれる公爵・ヨハンのいいなり。さらになぜか王はディアーヌを避け続け、そのため彼女は宮廷内で辛い立場に立たされる。 そんなある日、気晴らしのためお忍びで芝居を観に出かけたディアーヌは、脚本家のジークと知り合う。二人は意気投合し、お互いに恋心を自覚するようになるが、王妃であるディアーヌにはこの想いを封じる必要があった。 自分とジークは友達だと自分に言い聞かせながら、もらった手紙を何度も読み返すディアーヌ。しかし、宮廷内で落としてしまったその手紙を何者かに拾われてしまう。許されざる恋におちた王妃の運命は・・・!?

ポイント3% 17pt
626 税込

欲しい

このページのTOPへ