純情フェティシズム (1巻 最新刊)
出版社小学館
作者川瀬あや
最終巻発売日2016年03月10日
版型新書版▶︎版型とは
カテゴリ少女漫画
タグ-
つぶやく


「ねえ先生、婚約者ってどんな人?」 高校の養護教諭をしている遥。 もうすぐ恋人との結婚を控えているのに、 いつも怪我しては保健室へやってくる生徒・柿本のことが気になって… “男子高校生”の、健全なカラダに感じる、不健全な欲望。 この子は駆け引きなんかしない。いつだって、純粋で直球。 それなのに、なんでこんなに心を揺らされるんだろう― (「純情フェティシズム」) ごく平凡な毎日を生きていても、 なにもかもが上手くいかないような気になる日もある。 まるで、通り雨にあったみたいに。 仕事でイライラして、年下の彼氏とケンカしてしまったOL。 クラスメイトが苦手で、学校にいきたくない小学生の女の子。 雨の中、捨て猫を拾った画家の青年。 亡くなった夫が残した画廊を経営している老婦人。 就職面接に向かう途中、ひったくり犯を見つけた大学生… ほんの少しだけ優しくした。 あと少しだけ勇気を出した。 そんなふうにして奇跡は起きてる。 たとえば、君のとなりでも―… (「東京は雨が降っている。」) 「運命かもしれない」/「マイディア」 どうかこの物語が、あなたに届きますように。 プチコミイチ押しの実力派作家、初の短編集! 【編集担当からのおすすめ情報】 初めて「東京は雨が降っている。」を読んだときの感激は、一生忘れません。 プチコミの新鋭作家が贈る、胸を打つ珠玉の読みきりを、贅沢に集めました! どうか一人でも多くの人に、この物語が届きますように。

全冊クリアカバー
ポイント3% 12pt
463 税込

欲しい

このページのTOPへ