【ライトノベル】くずれる牡丹〜闇の淫花抄〜(全1冊)
出版社ぶんか社
作者魔木子
最終巻発売日2016年03月10日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ女性漫画
タグ-
つぶやく


◆散る桜 時は戦後。とある田舎町にやってきた薬屋の息子・史郎はひとりのみすぼらしい娘・さくらに出会う。 彼女に近づくなと周囲に助言されるも、史郎はさくらが気になり……。 ◆しぼむ朝顔 戦後、米兵専門の売春婦として生きる娘・みどり。 ある日、みどりの前にひとりの復員兵青年が現れる。彼は戦争で家族を失ったことから、生への執着を失っていた。 ◆くずれる牡丹 会員制の“牡丹倶楽部"へ入会することになった実業家・関。 拠点となる屋敷を訪れるが、なんと、そこは元華族令嬢の牡丹が、会員に肉体で奉仕する淫らな社交場だった――!

全冊クリアカバー
ポイント3% 20pt
750 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ