【ライトノベル】大正箱娘 (全2冊)

 漫画
出版社 講談社
作者 紅玉いづき
版型 文庫版 版型とは›
最終巻発売日 2017年03月23日
カテゴリ ライトノベル
タグ 大正 ミステリ

作品概要

人と夢幻が共存した最後の時代。一人の少女が謎の詰まった箱を開く。新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。
ポイント5% 67pt
1,458 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧