【ライトノベル】幻視行 (全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社リブレ出版
作者吉原理恵子
最終巻発売日2016年04月19日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ
タグ-
つぶやく


小説:吉原理恵子 マンガ:立石 涼 拓巳、光希、仁は20歳。 小学2年生のとき悲惨な事故で、学級中3人だけが奇跡的に生き残った。 だが、それが原因で、それぞれが特異な体質になってしまう。 事故の真相も解明されないまま、多くの謎だけを残して12年の歳月が流れる。 周囲の忌諱な視線と心ない噂。 様々なことが連鎖して、3人はまともな日常生活に戻れずにいた。 そして13回忌の慰霊祭。 事故現場に集った遺族達の目の前で、現代の科学では到底解明できない天変地異が起こり、 そこで初めて拓巳はコバルトブルーの長髪に白銀の美麗な尾を持つ尾族の王『藍卦』を垣間見て絶句する。 「去れ。ここは金神奈落忌むべき贄が穢れを持ち込むな」 藍卦は、そう厳かに言い放って消え去るのだった――。

全冊クリアカバー
ポイント3% 36pt
1,296 税込

欲しい

このページのTOPへ