【書籍】官能小説の奥義 (全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社角川書店
作者永田守弘
最終巻発売日2016年04月23日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ一般書籍
タグ-
つぶやく


読者の性欲を刺激し、淫心をかき立ててきた官能小説。単純な行為をいかに濃密に淫靡に、いやらしく描くか―。先人たちは苦労して、読者の妄想を逞しくさせる官能用語を編み出した。「花弁」「小鳥の嘴」「マグロの赤身」「熱帯」…女性器の斬新な描写からは、表現へのフロンティア精神が感じられる。官能小説の文体確立までの歴史を追いつつ、独自の表現を磨き、鎬を削ってきた作家たちの豊潤で奥深い日本語の世界に迫る。

ポイント3% 25pt
907 税込

欲しい

このページのTOPへ