【ライトノベル】ミヤマ物語 (全3冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社KADOKAWA/角川書店
作者あさのあつこ
最終巻発売日2016年09月24日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


階層が厳しく分けられたウンヌに暮らす少年ハギは、母親のトモと二人暮らし。彼らは最下層である「クサジ」だった。その村を統治するのは、「ミドさま」と呼ばれる存在で、その姿を見ることは決して許されなかった。ウンヌで恐れられる存在がもう一つあった。それは「マノモノ」と呼ばれるもの。その名を声に出すと口が腐り落ちると言われた。ある日、トモに死罪が言い渡される。トモはミドさまのための水を絶壁の泉から汲みあげる水汲み女だったが、そこで粗相があったというのだ。――別次元の世界、現代に生きる小学校6年の透流(とおる)はマスコミで活躍する母親のことで学校でいじめにあい、家の中でもまた孤立していた。絶望的な気持ちのまま家を出て大きなクスノキに登ってみた透流は、そこで不思議な声を聞く。「ウンヌへいけ!」生まれも育ちも、世界も違う二人の少年が出会う、運命の第一部!

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】ミヤマ物語 1巻【ライトノベル】ミヤマ物語 2巻【ライトノベル】ミヤマ物語 3巻

全冊クリアカバー
ポイント3% 55pt
1,988 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ