【ライトノベル】音使いは死と踊る (全2冊)
出版社オーバーラップ
作者弁当箱巖本英利
最終巻発売日2016年09月21日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


――ようこそ、アノニマスへ《発火能力》《念動力》――異能があふれるようになった現代。そんななか、数少ない無能力者である神谷風人は、誕生日に《音を支配する》能力を突如として発現してしまう。能力が暴走してしまった風人に対し、国民を守るはずの自衛軍が下した結論は『強制排除』――殺されるということだった。必死に逃げ続ける風人に手を差し伸べたのは、『アノニマス』と名乗る悪の組織だった。アノニマスにマスクを差し出された風人は選択を迫られ――!?「……音の少年、我々の仲間にならないか?」これは『死音』と名乗る少年が、生死渦巻く裏の世界に躍り出す物語。

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】音使いは死と踊る 1巻【ライトノベル】音使いは死と踊る 2巻

全冊クリアカバー
ポイント3% 39pt
1,425 税込

欲しい

このページのTOPへ