【ライトノベル】夢守りの姫巫女 (全3冊)
出版社講談社
作者後藤リウかわく
最終巻発売日2016年11月01日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


殯の夜伽衆と呼ばれる職能集団の中に、夢見の能力を持つものがいる。夢を通じて死者の最期の想いを受けとるのだ。見習いのキアルは金髪碧眼の十六歳。黒い髪と瞳が特徴の殯衆のなかで、その容姿はまるで「よそ人」。だが夢見の能力は確かで、師の父とともに夢見を行っていた。いつものように死者の夢見をしていると、巨大な魔物に襲われ、父が――! キアルは故郷の里を出て探求の旅に出ることにーー。

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】夢守りの姫巫女 1巻【ライトノベル】夢守りの姫巫女 2巻【ライトノベル】夢守りの姫巫女 3巻

全冊クリアカバー
ポイント5% 94pt
2,040 税込

欲しい

このページのTOPへ