大嫌いの先から見てる (1巻 最新刊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社ふゅーじょん ぷろだくと
作者あずみつな
最終巻発売日2016年06月24日
版型B6版▶︎版型とは
カテゴリ
タグ-
つぶやく


"この快楽にだけは、飲まれたくない。" 同じ会社で働く3人の男達。どこまでも遠いと思われるお互いの運命は些細な綻びから複雑に絡み合う。 ルールを揺るがしたい問題児×正義感の強い優等生×ロマンスを夢見る浮かれ者 不幸の種から芽吹く、3つの華。 学生時代から社会人に掛けて人生に汚点などないと言わんばかりの真面目なサラリーマン・緒方(おがた)。 彼はイジメや偏見を一切許さず、弱者には救いの手を差し伸べるべきだと周囲にも吹聴する根っからの優等生タイプだった。同僚の綾瀬(あやせ)はそんな緒方に苛立ちを覚える。正論を振りかざす緒方の姿に嫌悪感を募らせる綾瀬。綾瀬は社長が男娼から召し上げた新入社員の神谷(かみや)を使って緒方を陥れようと計画を企てる。 自分の中に掬うどうしようもない闇を晴らしたい男。 父親と母親の運命に傍観者でしかいられなかった男。 生き甲斐を見出せない人生に愛と希望を見付ける男。 罪、嘆き、空虚…それぞれの蔦が重なり、絡まり合い、そして異なる色の華を見せる時――。 仄暗い花園はきっとアナタの心にも新たな種を残す。

全冊クリアカバー
ポイント3% 20pt
729 税込

欲しい

このページのTOPへ