【ライトノベル】異世界の魔法言語がどう見ても日本語だった件 (全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社宝島社
作者トラ子猫市丸きすけ
最終巻発売日2016年10月08日
版型四六版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


日本に住んでいた大学生・緒方和彦は事故に遭い、少年・ジェラルドとして異世界に転生することとなった。
魔法言語を唱えることによって魔導が使えるその世界では、魔法言語の習得が難しく、魔導を扱えるのは限られて人たちだけとなっていた。 そんな中、魔法言語が日本語だったおかげでジェラルドは魔導を使いたい放題で……。
日本語がペラペラというチートな能力を駆使して異世界を無双する冒険ファンタジー、ここに開幕!

ポイント3% 36pt
1,296 税込

欲しい

このページのTOPへ