【ライトノベル】七つの大罪 セブンデイズ (全1冊)
出版社講談社
作者鈴木央岩佐まもる
最終巻発売日2016年10月17日
版型新書版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


ブリタニア北の大地にその森はあった。人々の侵入を樹木そのもの が拒んでいるような、その場所。そこは『妖精王の森』と呼ばれて いた。
妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人 でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。時には盗賊、時には軍隊 から。数々の別れを経験して、彼女の涙も涸れ果てた頃、一人の青 年が『生命の泉』を求めて現れた---。
原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央 の協力を得て、小説にて完全再現!

ポイント3% 20pt
724 税込

欲しい

このページのTOPへ