【ライトノベル】アイレスの死書 (全1冊)

出版社オーバーラップ
作者蓮見景夏RiE
最終巻発売日2017年04月22日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグファンタジー


世界最大の情報機関『大図書館』には『死書』を扱う『史書記』がいる。彼らの使命は、無作為に人に取り憑き、過去の事件を再現させる霊物『死書』の回収。
新人史書記レイン・ジークは、正式に史書記の認可を受ける儀式『神授式』へ参列するためシュレイの街を訪れていた。街を訪れた史書記は、レインを含め七人。
親交を深めようとした矢先、『D・C・アドラー』を名乗る人物から、史書記を標的とする連続殺人予告が七人の死書に浮かび上がる。第一の殺人が起きたのち、容疑者となったのはレインで……!?
これは死書の再現か、意志のある殺人か。―すべてを暴け。そして―「この七日間の真相は?」

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント5% 32pt
702 税込
カートに入れる
(新品コミック)

欲しい

このページのTOPへ