【ライトノベル】黎明国花伝曙光の双姫 (全1冊)

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社富士見書房
作者喜咲冬子伊藤明十
最終巻発売日2017年08月11日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ王女大河

身体のどこかに浮く花の形の痣と、「星読の力」と呼ばれる予知能力を持つ代々の女王が国を治めてきた黎明の国。 スウェン・ルシェの姉妹が荒廃した国土を建て直して8年。時代は動乱期から再生期へと移り変わりつつあった。 妹のルシェが生んだ皇国の血筋を継ぐ一人娘・イーリアと、国の荒廃を招いた前女王の血を受け継ぐ前十娘・エジカ。 黎明国初代女王を彷彿とさせる鮮やかな花の痣と、叔父のキナンを越える星読の才能を開花させるイーリアを姉として導きながら人知れず苦悩するエジカ。 「忌むべき血を持つ自分が、王女としてここにいてもいいのだろうか――」二人の娘が母や父を思いながら選ぶ自らの歩む道とは――?

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント5% 31pt
691 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい