【ライトノベル】漫画家の明石先生は実は妖怪でした。 (全2冊)

 漫画
出版社 三交社
作者 新井テル子 霜月りつ
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2018年09月10日
カテゴリ ライトノベル
タグ 漫画家 妖怪

作品概要

日給5万円。仕事は漫画アシ&妖怪の悩み解決!?
曲がったことが嫌いな大学生の篠崎瑛太は、その性格が災いし、なかなかバイトが長続きしない。ある日瑛太は准教授に破格の給与の漫画アシスタントのアルバイトを紹介され、ゴミの中で暮らす漫画家の明石妖介に出会う。
まずは、とゴミを片付け始めた途端、不可思議な生き物に次々と遭遇し驚く瑛太。しかし明石は「あれは雑鬼ですよ」と平然と告げる。
どうやらこの職場には人ならざるものが跳梁跋扈しているらしく、実は明石もその同類で――!?正義漢すぎる大学生と、世間知らずの妖怪漫画家のほっこりストーリー登場!
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 67pt
1,468 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧