【ライトノベル】九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者 (全1冊)

 漫画
●ポイント5% 29pt
637 税込
出版社 集英社
作者 白洲梓 しきみ
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2018年03月20日
カテゴリ ライトノベル
タグ

作品概要

夢を見た。幼い頃、祖母の家に泊まったときの不思議な思い出だった――。
都内の会社で働く長門つぐみは、疎遠だった祖母の遺言で、郊外にある九十九館という洋館を相続することになった。
九十九館は、祖母の死を知らせてくれた柏木宗司郎という青年が管理人を勤め、他にも数名の下宿人が住んでいるという。
そして柏木たち住人には、九十九館を離れられない秘密の事情があると告白される。さらに、何度か九十九館を訪れるうち、つぐみは下宿人たちとは違った不思議な存在に気付く。
どうやら九十九館には、何かが隠されているようだった。
一方、つぐみは二年間つきあっている恋人の圭介にプロポーズされたものの、理想の家庭像を押しつけてくることに違和感を覚えていたこともあり、断ってしまい……?
●ポイント5% 29pt
637 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
637 税込