【ライトノベル】花火と一緒に散ったのは、あの夏の記憶だった (全1冊)

 漫画
●ポイント5% 31pt
691 税込
出版社 アルファポリス
作者 邑上主水
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2018年06月30日
カテゴリ ライトノベル
タグ 青春 恋愛 記憶 ミステリー

作品概要

奇跡のラストに涙が止まらない!号泣必至の青春恋愛ミステリー!事故で陸上競技を断念した杉山秀俊(すぎやまひでとし)は、新聞部で腐った日々を送っていた。
そんな彼に、クラスメイトの霧島野々葉(きりしまののは)は毎日のようにまとわりついてくる。頭がよくて、他校にも知られるほど可愛い彼女だが、秀俊には単なる鬱陶しい存在だった。
あるとき、秀俊は新聞部の企画で、都市伝説「記憶喰い」を取材することになる。「記憶喰い」とは、嫌な思い出を「食べて」、忘れさせてくれる存在らしい。
そんな秀俊のもとに、企画を知った野々葉がやってきて告げた。「実は私、記憶喰いに記憶を食べてもらったことがあるんだ」
●ポイント5% 31pt
691 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
691 税込