【ライトノベル】咎人の刻印 (全1冊)

 漫画
出版社 小学館
作者 蒼月海里 巖本英利
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年04月07日
カテゴリ ライトノベル
タグ ダークファンタジー 吸血鬼

作品概要

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。
「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」
探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。
「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」
神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。
これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!
●ポイント1% 5pt
クレジットカード・AmazonPay・Paypal でご購入の場合、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるため、請求時にご利用金額から5%(31円相当)が還元されます。
金額数値は目安です。還元方法や還元タイミングなどはクレジットカード毎に異なります。クレジットカード毎に開設された特設ページや問い合わせ窓口でご確認ください。
638 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く