• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

【ライトノベル】平安後宮の薄紅姫 (全2冊)

 漫画
●ポイント1% 13pt
1,430 税込
出版社 KADOKAWA/富士見書房
作者 遠藤遼 沙月
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年10月15日
カテゴリ ライトノベル
タグ 歴史 謎解き

作品概要

「平穏に読書したいだけなのに!」読書中毒の女房が宮廷の怪異と謎に挑む

怪異や難事件の最後の駆け込み寺・薄紅の姫。彼女に依頼が成立するのは、物語にまつわる品が差し出されたときだけ。薄紅は重度の物語中毒で、特に『源氏物語』には目がないというのだ。
――この異名が広がったのは、晴明の孫である若き陰陽師・奉親のせい。訪ねて来た彼に早く帰ってほしい一心で、物語知識を駆使し怪異の謎を解いたのが悪かった。薄紅を使えると判断した奉親は、言葉巧みにたびたび彼女をモノで釣っては謎解きにかり出すことに。
「また相談ですか? 私は読書に集中したいのでございます!」
●ポイント1% 13pt
1,430 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大12%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,430 税込