【ライトノベル】底辺領主の勘違い英雄譚 〜平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件〜 (全2冊)

 漫画
●ポイント1% 12pt
1,342 税込
出版社 オーバーラップ
作者 馬路まんじ ファルまろ
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年11月20日
カテゴリ ライトノベル
タグ 仕事 戦争

作品概要

「(叛逆されないために)領民に媚びへつらうかぁ!」
荒廃した最悪な領地の運営、はじめました!

犯罪者や異教徒が跋扈する荒廃した最悪の土地・ベイバロン領。
若くして家督を継いで領主となったリゼは、凶悪な領民に殺されないため、一つの決断を下す。
それは――領民に媚びへつらうこと!
“王族や貴族にのみ与えられた神の力”とされる魔法を領民のために使いまくれば、幸せな暮らしを手に入れられる!
……はずが、いつの間にか領民に「国家への反逆者」だと祭り上げられ――!?
「「「さぁリゼ様、邪悪なる国王を討ち取りましょう!」」」
「(どうしてこうなった!?)」
浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の領地運営譚、開幕!
●ポイント1% 12pt
1,342 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,342 税込