• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

【ライトノベル】黒猫館・続黒猫館 (全1冊)

 漫画
出版社 講談社
作者 倉田悠子 岡崎武士
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2020年06月17日
カテゴリ ライトノベル
タグ

作品概要

日本中が軍国主義に染まった昭和16年。大学生・村上正樹は、奇妙な求人に導かれ、僻遠の山奥に佇む豪奢な洋館 “黒猫館”を訪れる。
女主人の冴子とその娘・有砂、メイドのあや。
蠱惑的な女たちと織りなす陶酔と頽廃の宴の果てに、正樹を待ち受ける罠とはーー。(『黒猫館』)

高度成長期もピークを迎えた昭和45年。
奔放な過去と決別するかのように、正樹は弁護士を生業としていた。
しかし、桜の香りに誘われた彼の前へ、あの“黒猫館”がふたたび姿を現し、30年前の倒錯の日々が甘やかによみがえるーー。(『続 黒猫館』)

“倉田悠子=稲葉真弓”を自ら明かしたエッセイ「私が“覆面作家”だったころ」を特別収録!
●ポイント1% 15pt
1,650 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く