• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集(福音館創作童話シリーズ)

 漫画
出版社 福音館書店
作者 斉藤倫 高野文子
判型 四六版 判型とは›
最終巻発売日 2019年04月10日
カテゴリ 児童書
タグ 児童書

作品概要

きみはいつものように、あけっぱなしの玄関から、どんどんぼくの部屋にあがりこんできた。
ランドセルをおろして、きみはいった。
「ねえねえ」「なんだあ」「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。
ことばがなってないから」。
ぼくは立ち上がってとなりの部屋に行き、本だなから一冊の詩集をとってきた。
そして、ページをひらいて、きみに手渡す。
「ここんとこ、読んでみな」。
詩はむずかしい。
詩は意味がよくわからない。
だから、詩はおもしろくない。
確かに詩はむずかしくて、よくわからないものかもしれない。
でも、詩はおもしろくて、ほんとうにたのしくて、そして自由だ。
詩は、ことばを自由にし、ことばによって縛られ、不自由になっているわたしたちに、ことばは、わたしたちを縛るのではなくて、わたしたちは、ことばによって自由になれるのだと教えてくれる。
20篇の詩を通して、詩人斉藤倫と楽しみ、そして考える、詩のことそしてことばのこと。
●ポイント1% 12pt
1,320 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く