• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

【ライトノベル】うちの作家は推理ができない (全1冊)

 漫画
●ポイント1% 6pt
715 税込
出版社 二見書房
作者 なみあと いつか
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年07月14日
カテゴリ ライトノベル
タグ 作家 推理

作品概要

また解決方法、忘れちゃいました!

解決パートのシナリオを忘れてしまう悪癖をもつ、
現役大学生ミステリ作家が唸る結末を考え出して、やりこめたはずだったのに……
手のひらで転がされていたのは、また担当編集者のわたしでした――。

現役大学生作家・二ノ宮花壇。圧倒的な筆力と構成力、瑞々しい文体をもつ売れっ子作家だ。
……が、担当編集者のわたし、左京真琴からしてみれば、とんでもないガキである。
彼が〆切を守ったことは皆無だし、生意気だし、口を開けば皮肉ばかり。
その上、「いま書いている物語の推理パートを忘れてしまう」という悪癖まで持っている。
わたしはそのたびに彼の物語を推理して、つじつまの合う結末を考えるのだが……
●ポイント1% 6pt
715 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
715 税込