【第66回 課題図書】北極と南極のへぇ〜 くらべてわかる地球のこと

 漫画
出版社 学研プラス
作者 中山由美
判型 菊版 判型とは›
最終巻発売日 2019年08月01日
カテゴリ 児童書
タグ 2020年課題図書 小学校中学年向け

作品概要

北極に7回、南極にも3回取材で訪れている朝日新聞「極地記者」との異名を取る中山由美さん。
そんな中山さんならではの視点から、読者の持っている極地のイメージをくつがえします。
「北極と南極どっちが寒い? 」と、小学校などで聞いてみると、「北極! 」「どっちも寒い! (たしかに)」という答えが多いということ。
……しかし正解は、
「南極のほうが、ケタ違いに寒い! 」
のだそう。
ほかにも「動物で、人間に近づいてくるのは、北極南極どっち? 」など、二つの極地がたどってきた歴史にもふれていきます。
「なにも余分なものがない」という意味で共通する二つの極地から見えてくる未来の地球のすがたは?
わたしたちはどんなふうに暮らしていったらいいの? という疑問にも、こたえが見つかる1冊です。
●ポイント1% 14pt
1,540 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く