[ライトノベル]百華後宮鬼譚 目立たず騒がず愛されず、下働きの娘は後宮の図書宮を目指す (全2冊)

 漫画
●ポイント1% 13pt
1,518 税込
出版社 ポプラ社
作者 霜月りつ
判型 文庫判 判型とは›
最終巻発売日 2022年01月04日
カテゴリ ライトノベル
タグ ファンタジー あやかし

作品概要

生まれつき鬼霊を視る才を持つ本好きな甜花は、
元博物官でたくさんの蔵書を持つ祖父の死を看取った際、この書物を後宮の図書宮に入れたいと熱望する。
そして自分はそこで働く書仕になりたい、と。
そのため後宮に下働きとして潜り込むが、なぜか第九夫人の付き人に命じられてしまう。
この魅力的な夫人、陽湖妃にはなにやら怪しげな秘密がありそうで――?
やがて皇帝も鬼霊を視ていると気づいた矢先、後宮を巻き込む大事件が!
謎解き×あやかし、中華風後宮ファンタジー小説!
●ポイント1% 13pt
1,518 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧

1,518 税込