【ライトノベル】迷宮殺しの後日譚 〜追放された最強の探索者、引退してダンジョン教習所の教官になったら、教え子たちに崇拝される〜 (全2冊)

 漫画
●ポイント1% 26pt
2,860 税込
出版社 小学館
作者 坂石遊作 黒兎
判型 四六版 判型とは›
最終巻発売日 2021年11月19日
カテゴリ ライトノベル
タグ 最強

作品概要

人類最強の探索者が教官にジョブチェン!?

モンスターを生む、人類の脅威『迷宮(ダンジョン)』。
その唯一の天敵にして、数多のダンジョンを破壊してきた最強の探索者、
“迷宮殺し(ダンジョンスレイヤー)”のレクトは、ダンジョンとの共存を望む国から疎まれ、一方的に探索者の資格を剥奪されてしまう。
そんな中、レクトにダンジョン教習所の教官にならないかとの誘いが。
レクトは次世代を担う優秀な探索者を自ら育てるため、“迷宮殺し”の過去を隠して教官になると決意する。
才能に満ち溢れた生徒たちは、最初こそ新米教官のレクトを馬鹿にしていたが、やがて――。

レクトが生徒たちに認められた頃、生徒の一人である公爵家の令嬢アリスに陰謀の影が迫る。
さらに、天敵不在となったダンジョンが活性化を始め、人類に未曾有の危機が。レクトは教官として生徒達を護ることができるのか。

規格外の力を持った英雄による前代未聞の授業開始――!!
●ポイント1% 26pt
2,860 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧

2,860 税込