• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

【ライトノベル】お茶屋さんは賢者見習い (全2冊)

 漫画
出版社 KADOKAWA/メディアファクトリー
作者 巴里の黒猫 日下コウ
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2021年11月25日
カテゴリ ライトノベル
タグ 異世界 精霊

作品概要

お茶を仕入れ、販売していた楢橋鈴(リン)は、ある日買い付けの旅の帰りに異世界へと転移してしまう。
転移した先は、精霊の加護のある世界で、聖域に転移してしまったリンは、自覚が無いままに水・風・火・土の四大精霊から加護を受ける。
四大精霊すべての加護を持つ者はごくわずか。精霊術師の中では『賢者』と呼ばれる存在であった。
賢者であるライアンに保護されることとなったリンは、精霊の力と現代知識を使い、様々な精霊道具やアイテムを生み出していく。
そんな彼女の発想や活躍ぶりは、ライアンたちをたびたび驚かせ、次第にリンは『賢者見習い』として認知されていき――。
「全く、精霊は君に甘い」「私、賢者見習いじゃなくてお茶屋さんなんですけど……」
いつか再びお茶屋さんをはじめるその日を夢見て――精霊に愛された賢者見習いの、心豊かな異世界暮らし、はじまります。
●ポイント4% 104pt
2,860 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

[10日間限定] ブラックフライデー&サイバーマンデー 最大18%還元
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く