• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

【ライトノベル】ベストSF 2021 (全1冊)

 漫画
出版社 竹書房
作者 大森望
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2021年11月22日
カテゴリ ライトノベル
タグ SF アンソロジー

作品概要

新たな日本SF短編年間ベストアンソロジー《ベストSF》シリーズの第二巻となる『ベストSF2021』をお届けする。
二〇二〇年(月号・奥付に準拠)に日本語で発表された新作の中から、「これがこの年のベストSFだ」と編者が勝手に考える短編十一編を収録している。
なによりも、本書はSFという概念の開発と拡張を目的として制作された――
というのはウソですが(元ネタは樋口恭介編のアンソロジー『異常論文』の巻頭言)、結果的に、SFという概念の開発と拡張がなされていることは、おそらく否定できない事実である。
実際、作品を選んだ時点から半年以上経ったいま、あらためて収録作を読み返してみると、作品のジャンル的な幅の広さに驚かされる。
前巻と同じく、作品の長さや短編集収録の有無などの事情は斟酌せず、大森がSFとしてすぐれていると思ったものだけを収録させていただいた。
二度とないベストイレブンの競演を楽しんでいただければさいわいです。

――大森望「序」より

【収録作品一覧】
円城塔「この小説の誕生」
柴田勝家「クランツマンの秘仏」
柞刈湯葉「人間たちの話」
勝山海百合「あれは真珠というものかしら」
牧野修「馬鹿な奴から死んでいく」
斜線堂有紀「本の背骨が最後に残る」
三方行成「どんでんを返却する」
伴名練「全てのアイドルが老いない世界」
麦原遼「それでもわたしは永遠に働きたい」
藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」
堀晃「循環」
●ポイント4% 60pt
1,650 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

[10日間限定] ブラックフライデー&サイバーマンデー 最大18%還元
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く