部長島耕作 (1-13巻 全巻)

 漫画
出版社 講談社
作者 弘兼憲史
推定完読時間 6時間4分
版型 B6版 版型とは›
最終巻発売日 2002年04月23日
カテゴリ 青年漫画
タグ -

作品概要

島が敬愛する中沢社長(派閥に属さない一匹狼として会社を生き残り、「課長島耕作」の最終巻で社長に大抜擢される)が退任し、反対派が社長になった場合に処遇が悪化されないように、という中沢の配慮により、島は関連会社・初芝電産貿易へ代表取締役専務としての出向を命じられる。しかし、島は持ち前の前向きさと柔軟さと信じられないような運の良さで、出向先のワイン事業を大きく伸ばし、更に次の出向先のサンライトレコードにおいても、課長時代のニューヨーク赴任時の不倫相手(白人)との子供を歌手として大ヒットさせる(しかし真実は誰にも言えない)、という非実現的な成果を実現することで関連会社の経営立て直しに成功する。

補足事項

合計金額が3,000円以上の場合、全国送料無料で配送します。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
ポイント5% 328pt
7,085 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

関連商品

作品レビュー

1
0
0
0
0

平均評価

5.00点/レビュー数1

カラフル

2013-11-29 By さん

ワイン事業や音楽事業と他の島耕作シリーズよりも
内容がカラフルな印象。
課長時に比べ島耕作のリーダーとしての成長が見られる。

表紙画像一覧