ギャラリーフェイク (1-34巻 最新刊)

 漫画
出版社 小学館
作者 細野不二彦
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2018年09月28日
カテゴリ 青年漫画
タグ アート

作品概要

表向きは贋作・レプリカ専門のアートギャラリー「ギャラリーフェイク」を舞台に、主人公であるオーナー、藤田玲司が、様々な登場人物と絡みながら、時に世界を駆け巡りながら、絵画、彫刻などを通じて「アートとは何か?」を問いかける。主人公の魅力は、単なる守銭奴ではなく、アートへの奉仕者として清濁併せ呑む点にあるほか、美術・芸術・骨董の多方面に渡る薀蓄的描写も、読者の好奇心をそそる。
合計金額が 7,000円以上の場合、全国送料無料で配送します。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント12% 2,062pt
18,559 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 4
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 4.80点/レビュー数5
5

真贋

2013-06-04 By さん

アートとは普段あまり関係なく過ごしていましたが、この本を読んで、美術作品を見る目が変わりました。どんな背景から生まれた作品なのか、また、美術作品だけではなく、様々な造形物(ギター、時計、化粧品)など、物に込められた思いを知ることができる秀作です。
美術館にいきたくなる。そんな作品です。

5

ギャラリーフェイク面白いです。

2013-06-04 By さん

ギャラリーフェイクは贋作専門の画廊を経営するフジタが主人公で、毎回一つの美術作品が取り上げられます。
作品の真贋が話の肝になるのですが、美術に特別詳しくなくても、入り込みやすいと思います。知識を広げることができるマンガです。

5

アート好きではなくとも楽しめる二極の奥深い世界

2013-06-04 By さん

美術品のレプリカを手がけるアートギャラリーの店主が様々な事件に巻き込まれながら、美の本来あるべき真の姿を追求してゆきます。

古くから現存する多くの芸術作品を現代に生きる人々の愛憎劇、社会的問題などに絡めてゆく話の展開で時空を繋いだかのような物語です。

全体を通じて、主人公の表の顔と裏の顔、フェイクとリアル、古(いにしえ)と現代、相反するふたつの事柄が複雑に絡み合うところがさらに物語に奥深さをかもし出しているような気がします。

美術品に興味のない人にでも充分に楽しめる傑作です。

5

かっこいい大人の美術漫画

2013-06-04 By さん

細野不二彦さんの漫画はストーリーがしっかりしていておもしろいです。
この作品はアニメで初めて知りました。
藤田がかっこいいです。アニメの声もぴったりでした。
美術館へ行くことが好きだったので、知らないこともたくさん知れて楽しめました。

4

美術知識に詳しくなる漫画

2013-07-08 By さん

贋作やニセモノ専門の美術品を扱うギャラリーフェイク。人の欲がどんなニセモノを生み出してきたか、その手口はと詳しい解説で、ものすごく勉強になります。某鑑定団のおかげでお宝ブームは続いていますが、ニセモノに対する勉強もするならこの一冊で!

表紙画像一覧

クーポンコード ohlim500
コピーしました
購入手続き時にクーポンコード入力欄へご入力ください。
クーポンをお使いになるには会員登録とログインが必要です。
新刊ピックアップ