遥かなる甲子園 [文庫版] (1-8巻 全巻)

 漫画
出版社 小学館
作者 山本おさむ 戸部良也
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2005年10月14日
カテゴリ 青年漫画 漫画
タグ 野球 青春 泣ける 甲子園 完結

作品概要

グラウンドの中からもう一度、甲子園の音を聴きたい! 生まれつき耳の聴こえない運命を抱えた沖縄の少年達が、さまざまな困難と闘いながら野球に懸けるノンフィクション作品をコミック化!!少年野球チーム・ベアーズで、健常者の少年と共に野球をする楽しさを覚えた武明たち。だが、聴覚障害児を偏見の目で見る大人達は、けっして彼らがチームに加わることを快く思ってはいなかった。そんなある日、武明が試合でチームメイトに大ケガを負わせてしまい…?昭和39年。米軍の居留する沖縄では、風疹による聴覚障害児が500名近くも誕生していた。そんな少年のひとり・友利武明は、小学5年生になったある日、よくキャッチボールの相手をしてくれた隣の家のお兄さん・吉川悟が甲子園出場を決めたことを知り、応援バスツアーに参加する。そこで武明は、大観衆の発するさまざまな物音が、興奮と共に聴こえないはずの耳に届くのを感じる。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 232pt
5,112 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧