【書籍】荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論
出版社集英社
作者荒木飛呂彦
最終巻発売日2011年06月17日
版型新書版▶︎版型とは
カテゴリ一般書籍
タグ-
つぶやく

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。
本書では、自身の創作との関係も交えながら、時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論を展開する。
巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。
ホラー映画には一家言ある著者の、一九七〇年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論。

ポイント3% 22pt
821 税込
残り 1 個!

欲しい

こちらのコミックもチェック
【入荷予約】ジョジョの奇妙な冒険 [新書版] 漫画

【入荷予約】ジョジョの奇妙な冒険 [新書版] 漫画【入荷予約】ジョジョの奇妙な冒険 [新書版]...
26,523円
 (4.89点/9件)
邪悪な吸血鬼と化した人間達やその後継者たちと、自己の信念を貫く者たちが繰り広げる不可思議な戦いを描く。 【Part1 ファ...
詳しく見る
ストーンオーシャン 漫画

ストーンオーシャン 漫画ストーンオーシャン (1-17巻 全巻)
7,157円
 (4.50点/2件)
舞台は2011年のアメリカ。主人公は空条承太郎の娘「空条徐倫」。徐倫は無実の罪で「州立グリーン・ドルフィン・ストリート重...
詳しく見る
STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 漫画

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 漫画STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン (...
10,203円
19世紀末、アメリカ。6000kmにも及ぶ、過酷きわまる"北アメリカ大陸横断レース"「スティール・ボール・ラン」に参加する冒険...
詳しく見る
このページのTOPへ