江戸の検屍官 (1-6巻 全巻)

 漫画
出版社 小学館
作者 高瀬理恵 川田弥一郎
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2018年05月30日
カテゴリ 青年漫画
タグ 江戸 事件

作品概要

殺された者たちの無念の声を聞く…検屍の概念を江戸の捜査方が発揮したら…という斬新な視点から描く大江戸捕り物控え。
同名人気小説を時代劇コミックの新星、高瀬理恵がダイナミックにコミック化!

今、死体が事件の真相を語りはじめる。

現代の捜査では常識ともいえる『検屍』 しかし江戸時代すでにこの考え方は実施されていた。
当時、検屍のバイブルといわれた「無冤録述」という書物がある。
これを片手にどんな死体であっても詳細に調べ、殺人の真相を語らせるという北町奉行所の天才同心 北沢彦太郎。
検屍の技術では及ぶ者なく、好んで現場に出かけ、淡々と死骸を調べる北沢を変わりものとそしるものも少なくはなかった。
そんな北沢を助けるのは検屍と女が大好きな医者・玄海、そして女絵師お月。
三人は玄海の見立てと、大きく損傷した死体から生前の顔姿を見通して似顔を描くお月の技量によって難事件を解決する腕利きチームだ。
さて、今回は井戸の底で見つかった自殺とおぼしき死体が、このチームの検屍で意外な真実を語り始めた。
井戸の死体の無念の声とは?北沢は真犯人をつきとめられるのか?

江戸川乱歩賞受賞の川田弥一郎の小説を高瀬理恵が華麗な筆で描く。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 172pt
3,731 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧