コロナとWHO 感染症対策の「司令塔」は機能したか

コロナとWHO 感染症対策の「司令塔」は機能したか

● ポイント 217pt

送料半額(商品ページ電子サイド)
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
968 税込

出版社 集英社

レーベル

発行形態 書籍

最新刊発売日 2021年11月25日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

感染症対策の世界的な司令塔であるWHO(世界保健機関)は、2019年12月31日の「第一報」から現在に至るまで、新型コロナウイルスに対して的確な対応をとってきたのだろうか?
WHOが「人から人」への感染を認めて国際緊急事態を宣言したのは2020年1月30日。
なぜこんなに時間がかかったのか?
ジュネーブ駐在時にWHO取材を担当し、その内情に通じる著者が「初動」について詳細に検討し、感染拡大の節目における判断の経緯、国際的なワクチン供給体制をどうやって確立したのかなど、WHOの施策を緻密に検証。
また、私たちの命と健康に密接に関係する国際保健体制の現状についても解説する。

● ポイント 217pt

送料半額(商品ページ電子サイド)
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
968 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

968 税込