蝦夷太平記 十三の海鳴り

蝦夷太平記 十三の海鳴り

● ポイント 221pt

商品詳細ページ/サイドバナー 電子
1,166 税込

出版社 集英社

レーベル

発行形態 書籍

最新刊発売日 2022年12月08日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

ときは鎌倉末期。蝦夷管領、安藤又太郎季長の三男・新九郎は父から出羽の叛乱鎮圧を命じられる。ことの首謀者で幕府方を標榜する叔父の安藤五郎季久に対し、天皇方と手を組み討幕を目論む季長。一族や領地の垣根を越えて、北朝と南朝に分かれて争う時代の波は東北にも広がり、大規模な戦の影が迫る――。幕府と朝廷に翻弄されながらも、新九郎はアイヌとの関係を築いて人びとを守り、逞しく活躍する。これまでの歴史解釈に大きな一石を投じる安部版「太平記」シリーズ第3弾。

● ポイント 221pt

商品詳細ページ/サイドバナー 電子
1,166 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

1,166 税込