戦略で読む高校野球

戦略で読む高校野球

● ポイント 220pt

電子書籍50%還元電子商品詳細ページ/サイドバナー  電子
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
1,100 税込

出版社 集英社

レーベル

発行形態 書籍

最新刊発売日 2023年07月14日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

【熱戦の裏側にあった戦略と戦術】
打撃記録を塗り替え複数枚の投手陣が起こした革命――2000年の智弁和歌山
1試合平均8点以上の打撃力と二枚看板――2001年の日大三
本塁打ゼロでも「木内マジック」で全国制覇――2003年の常総学院
「勝負強さ」が呼んだ春夏連覇の挑戦――2004年の済美
斎藤佑樹vs.田中将大で見えた「圧倒力」――2006年の早稲田実業vs.駒大苫小牧
強力打線とエースが前年の課題をデータから改善し春夏連覇――2010年の興南
高校野球100年、プロ級の投手陣と強力打線で栄冠に――2015年の東海大相模
投打の運用力で春2連覇と春夏連覇を達成した「最強世代」――2018年の大阪桐蔭
盤石な投手陣と抜群の運用力で「白河の関」越え――2022年の仙台育英

【2000年以降の優勝校の全データ収録!】
「しごき」のような練習で選手を鍛え、ひとりのエースが完投し、スモールベースボールで勝利をもぎ取る……高校野球の強豪校といえば、このようなイメージを持たれがちである。
しかし、2020年代に入り、指導法や戦略、戦術が大きく変わりつつある。
気鋭の野球著作家が、2000年以降に甲子園を制したチームの戦略や戦績、個人成績などを多角的な視点から分析。
戦略のトレンドの変遷から、選手育成の価値観の変化までを考える。
「いま」の甲子園を観るうえで、必携のガイド。

【目次】
第一章 変貌する高校野球――データ化と制度化がもたらしたもの
第二章 ゼロ年代の強豪校の戦略・戦術の変化(2000~2009年)
第三章 強豪校の戦略・戦術の変化(2010~2022年)
第四章「真の勝利至上主義」がもたらすもの

● ポイント 220pt

電子書籍50%還元電子商品詳細ページ/サイドバナー  電子
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
1,100 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

1,100 税込