陽だまりの樹

陽だまりの樹 (1-11巻 全巻) 漫画
出版社小学館
作者手塚治虫
判型判型とは›
掲載雑誌

作品概要

19世紀後半、欧米が市場を求めてアジアへ進出した世界状況で、日本の安全保障を確保するには天皇の権威を背景に江戸幕府を中心とする体制再編により国体強化が必要であるとした東湖だが、幕府の内部は慣習に囚われた門閥で占められて倒れかけているとして、これを「陽だまりの樹」と呼ぶ。
新品商品 陽だまりの樹 (1-11巻 全巻) の作品概要を表示しています
新品の価格
5,653 税込
買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

 中古漫画
最安
中古本/良い
★★☆
1-11巻
全巻
・表紙カバー:すべてあり
・コンディション:あくまで中古品になりますので多少のスレ・日焼け・折れ等がある場合がございます。
・コメント:全体的に概ね良好な状態です。
4,670
(税込)
17%OFF