作品レビュー

どうせ掘るなら深い穴。(1)