ペットショップで売れ残った、一匹の猫。
手を差し伸べたのは、
ひとりのおじさまでした。

これは誰かに愛されたかった猫と
おじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。

『おじさまと猫』のお話を読みたい方はこちら

Back Number