冒険者――とは

小さな村に一人の冒険者が生活していた

アラサー独身中堅冒険者・ハジメ

たまに思い出すことは…

飢えをしのぐために、走って走って走って…

こんなエピローグからはじまる彼の日常は

今日も依頼を受けに

いつも寝てる爺さんとこに行き

冒険者ギルド職員のお姉さんから報酬をもらい

宿場のマスターの店へ
がお決まりのパターンである

いざ、ダンジョンへ!!

………

なんか、喰われてるーーー!?

『ハジメは、子供冒険者・リルイを助け出した』

話を聞くと、親に捨てられたという

▶『リルイを仲間にする』
▶『リルイを仲間しない』
ハジメは迷った

『リルイはビビった』
『ハジメは剣を振りかざした』

『リルイはハジメの強さと
怖さで〇〇〇〇してしまった』

 『リルイを仲間にする』
▶『リルイを仲間しない』

リルイを拾ってしまったハジメは!?

「肉とかの寄付をしたら子供一人養えたりしますか?」

ずらずらと並べられ、たじろぐハジメ

シスターも何も言えず…

そのころ、リルイは

じっとしていなかった

間一髪で防いだハジメだが

めちゃ怒ってました

リルイも怒られました

リルイの一言が

昔の自分を見ているようで

ハジメはお人よしだ

そんなわけでリルイが仲間になり、冒険へ

チーン…

とりあえず、昼飯を食べようというと…

リルイを分析するハジメ

この行動にハジメは

『動揺した』

動揺したハジメだが

【冒険者の流儀】
「働かねえなら飢えて死ね」を伝授

つい、一緒になって昼飯を抜いてしまったハジメ…

【仲間の流儀】
「仲間が食べなければ自分も食べない」

ハジメの言葉にリルイの嬉しそうな笑顔

ハジメは自分がリルイをどう受け入れるのか葛藤中

リルイがクズな冒険者に絡まれた時の事

ニコニコしながらも

めちゃキレてました

…お優しいお父さんですねぇ

謎の美女が宿場に訪れていた

変態も一緒に…
それは

なぞの女性がハジメのベッドに!?

それは、リルイで!?

アラサーの独身冒険者・ハジメはこの先どうなる!?

1巻購入ちょっと待って!
続きも一緒にセットはいかが?

電子書籍

期間限定2,7182,26516%OFF
電子書籍 購入ページ

過去の全力推し宣言!がいまだけ!
無料&全巻セット最大20%オフ

Back Number