『空母いぶき』5月24日(金)公開記念

映画出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也 監督:若松節朗
mx-3

<あらすじ>
20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。 息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる、戦後、日本が経験したことのない24時間…
<作者ついて>
かわぐちかいじ氏は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠。2014年より「ビッグコミック」誌にてスタートした連載は現在も継続中だが、日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗。

商品詳細へ 1 巻 無料試読を
アプリで読む
電子版 12巻セット 7,128円(税込)
カートに入れる
紙版 12巻セット 7,236円(税込)
在庫を確認する

『空母いぶき』映画公開記念キャンペーン

▼漫画全巻ドットコム▼
▼全力推し宣言!!特集▼