「黒執事」15周年&電子化記念 96時間全巻無料キャンペーン

「当家の執事たるもの、このくらいできなくてどうします?」

「あくま(悪魔)で執事ですから」など数々の名言を残し、アニメ・舞台・映画化もされ多くのファンを魅了した『黒執事』が待望の電子書籍化! 15周年&電子化を記念して、キャンペーンを開催!

キャンペーン内容

★96時間限定30巻無料

1/8~1/11までの4日間、96時間限定で1~30巻まで無料読み放題!

※全巻無料読み放題は終了しました※

★まるごと無料&無料試し読み増量

1/8~1/28までは『黒執事』1~3巻がまるごと無料、しかも!各シリーズの冒頭巻が無料試し読み増量!

 introduction 

19世紀英国。
‟悪の貴族”と呼ばれる少年の側には、必ず一人の‟執事”がいた。

彼は、知識・教養・料理・武術…全てにおいて完璧、まさに有能である。 そんな執事が仕えるのは、名門貴族・ファントムハイヴ家の当主、シエル・ファントムハイヴ。 またの名を「女王の番犬」

わがままな主人・シエルの注文を涼しい顔でなんなくこなし、 役立たずの使用人達の失敗をすべてフォローしながら、 今日も漆黒の燕尾服に身を包み執務をそつなくこなす。

あくまで、執事ですから。


 character 

セバスチャン・ミカエリス
完全無欠のスーパー執事。何故彼は執事に甘んじているのだろうか?
シエル・ファントムハイヴ
ファントムハイヴ家当主。12歳ながら天才実業家としての顔も持つ。
メイリン
家女中。極度の遠視で失敗してばかり。割ったお皿は星の数ほど…。
バルド
料理人。すべての食材を黒コゲにする。未だまともな料理を作ったことがない。
フィニ
庭師。顔に似合わず怪力で庭の木を切り倒し、更地にしたこともある。
タナカ
家令。執事の上の位でありながら、仕事をしているシーンはまだない。
エリザベス
ミッドフォード侯爵家令嬢でシエルの許婚。かわいいものに目がない。

各シリーズ冒頭巻はこちら
書籍情報

その執事、有能

枢やな『黒執事』

【あくまで、執事ですから。】
彼の職業は執事。彼は今日もお茶を煎れ、銀食器を磨く。 そう、すべては主人のために…。スクウェア・エニックスが放つ、エキセントリック・執事コミック、第1巻ついに登場!

単行本はこちらから