› 手塚治虫特集
手塚治虫特集
特典01

特典02


対象商品
手塚治虫初期名作完全復刻版BOX2 BOX
手塚治虫初期名作完全復刻版BOX2

「珍アラビアンナイト」「大空魔王」「仮面の冒険児」「流線型事件」「月世界紳士」を収録。うち「月世界紳士」は手塚治虫漫画全集」版とは違う、オリジナル単行本ヴァージョンを復刻。
購入はこちら
手塚治虫初期名作完全復刻版BOX1
BOX
手塚治虫初期名作完全復刻版BOX1

「火星博士」「怪人コロンコ博士」「森の四剣士」「バット博士とジム」「マアチャントンチャン」を収録。うち「怪人コロンコ博士」「バット博士とジム」は「手塚治虫漫画全集」にも未収録の貴重な作品だ。
購入はこちら
完全復刻版「新寳島」 豪華限定版 BOX
完全復刻版「新寳島」 豪華限定版

手塚治虫の単行本デビュー作
来年1月は『新寳島』刊行65周年にあたり、戦後マンガ史を振り返る上でも重要な復刻本になるはず!
購入はこちら
SF三部作完全復刻版と創作ノート
BOX
「SF三部作完全復刻版と創作ノート

若き日の手塚が心血を注ぎ、のちに「SF三部作」と呼ばれた『ロストワールド』・『メトロポリス』・『来たるべき世界』を手塚の創作ノーとともに完全復刻。
購入はこちら
ロック冒険記 限定版BOX BOX
ロック冒険記 限定版BOX

文明と戦争、異文化同士の接触とディスコミュニケーション、という手塚治虫が生涯かかって追い続けたテーマが色濃く出た作品。今回が初の完全復刻。
購入はこちら
少年サンデー版 0マン 限定版BOX) BOX
少年サンデー版 0マン 限定版BOX

『ジャングル大帝』で月刊誌の長編マンガを完成させた手塚治虫が、創刊間もない『週刊少年サンデー』誌上で週刊誌の長編連載スタイルを確立したSFマンガの金字塔。
購入はこちら
手塚治虫・創作ノートと初期作品集 BOX
手塚治虫・創作ノートと初期作品集

作者の死後、1993年に東久留米の自宅から75冊の創作ノートが発見されました。「来るべき世界」をはじめとする初期SF三部作など、昭和20年代のマンガ史に残る傑作単行本のアイディアノートだったのです。このノートを一冊ずつ復元。
購入はこちら
漫画少年版 ジャングル大帝 豪華限定版 BOX
漫画少年版 ジャングル大帝 豪華限定版

「鉄腕アトム」と並ぶ手塚治虫の代表作です。月刊誌『漫画少年』(学童社)に1950年11月号~54年4月号まで4年にわたって 連載された作品。雑誌「漫画少年」連載時の原稿を、カラー部分も含め完全再現した、オリジナル版です。
購入はこちら
完全復刻版 新寳島
完全復刻版 新寳島

多くの漫画家に影響を与えた、手塚治虫の初期代表作がついに完全復刻!現代漫画の原点といわれる伝説の傑作を復刻!手塚治虫生誕80周年にあたって、戦後漫画の起点でありながら長い間封印されてきた幻の作品。
購入はこちら
黄金都市 黄金都市

手塚治虫作・横山光輝画の共作として月刊誌の付録になった『黄金都市』『ターザンの洞窟』『海流発電』(以上、1955年『少年』に発表)、『仮面の冒険児』(56年『少年クラブ』増刊号)の4作にくわえ、本書では新たに発見された未使用原稿『蜘蛛島の冒険』を収録し、それぞれ大判で読めるようにしました。
購入はこちら
漫画少年版 ジャングル大帝 普及版
漫画少年版 ジャングル大帝 普及版

雄壮の大地を駆ける白獅子・レオの物語! 人間の罠にかかり、白ライオンの王・パンジャが命を落とした。妻ライジャも捕獲されてしまうが、船中で生んだ王子レオに全てをたくし大海原へと脱出させた…
購入はこちら
花とあらくれ 花とあらくれ

手塚治虫生誕80周年とともに劇画誕生50周年にあわせての復刻で、貸本短編誌「X」(鈴木出版)「影」などに発表された作者の劇画調作品を選んで単行本化。
購入はこちら
おもしろブック版ライオンブックス
おもしろブック版ライオンブックス

1956年から57年にかけて「おもしろブック」に付録として刊行された作品12冊を、6冊ずつセットにして復刻いたします。まだ本格的なSF作品が作られていない時期に描かれた手塚SFの真髄が発揮された漫画史に残る傑作です。
購入はこちら
漫画教室 漫画教室

「漫画の神様」手塚治虫の、全集未収録の作品を初単行本化。 月刊誌『漫画少年』(学童社)に1952年4月号~54年5月号まで2年にわたって連載された作品で、漫画の描き方をガイドした漫画家入門書。
購入はこちら
手塚治虫の「新宝島」その伝説と真実
手塚治虫の「新宝島」その伝説と真実

2008年に生誕80周年を迎える手塚治虫の戦後ストーリーマンガの出発点ともいわれる「新宝島」の謎に、手塚研究の第一人者といわれる著者が鋭く迫ります。新発掘資料を含む豊富な図版により「新宝島」の全貌が明らかにされます。
購入はこちら
「新寶島」の光と影 謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新寶島」の光と影 謎のマンガ家・酒井七馬伝

「手塚治虫の単行本デビュー作であり、戦後ストーリーマンガの出発点となった『新寶島』。
この作品に原作者として関わりながらも、天才・手塚治虫の影となりマンガ史の表舞台から消えたマンガ家・酒井七馬の半生を追うノンフィクション。
購入はこちら
このページのTOPへ