代表制民主主義はなぜ失敗したのか

代表制民主主義はなぜ失敗したのか

● ポイント 217pt

商品詳細ページ/サイドバナー 電子(16周年ポイントアップ)
946 税込

出版社 集英社

レーベル

発行形態 書籍

最新刊発売日 2021年11月25日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

「ウンザリするポピュリズムに淫した民主主義より、能力主義的選抜を勝ち抜いた政治エリートの政治(中国!)の方がマシだ……。
この「誘惑」に抗う術はあるか。
実に困難な課題に本書は果敢に挑戦する」――宮台真司氏、推薦!
世界中をポピュリズムが席捲する中、わたしたちの民主主義はどこへ向かうのか。
人々は政党や議会には期待せず、時に自らの自由の制限もいとわずにトップの強いリーダーシップを望むようになった。
著者は古典から最先端の政治理論まで駆使し、選挙と政党を基盤にした「代表制」と民主主義とはイコールではないこと、現在の社会は「代表制」が機能するための条件を完全に失ってしまったことを明らかにし、一方で、中国統治モデルの可能性と限界も検討する。
民主主義を再生させるヒントはここにある。

● ポイント 217pt

商品詳細ページ/サイドバナー 電子(16周年ポイントアップ)
946 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

946 税込