「米留組」と沖縄 米軍統治下のアメリカ留学

「米留組」と沖縄 米軍統治下のアメリカ留学

● ポイント 217pt

電子書籍50%還元電子商品詳細ページ/サイドバナー  電子
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
946 税込

出版社 集英社

レーベル

発行形態 書籍

最新刊発売日 2022年04月22日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

それは、“ただの留学”ではなかった――。

今日の沖縄・アメリカ・日本の関係にどう影響しているのか。
〈復帰50年〉のいま、初めて語られるライフストーリー。

ジョン カビラ氏(ラジオ・テレビパーソナリティー)推薦!
「戦敗れ、支配されるも、懐に飛び込んで学んだ先には何があったのか?」

岸 政彦氏(立命館大学教授)推薦!
「復帰前の沖縄からアメリカに渡った留学生たちの、複雑で豊かな語りに耳を傾けよう」

*****
1945年から27年間、米軍統治下にあった沖縄で、米国陸軍による留学制度によってアメリカ留学=「米留」した1000人余りの若者たち、「米留組」がいた。

沖縄戦を生き延びた彼ら、彼女らはどのような思いで留学を志し、戦後沖縄の社会形成においてどのような役割を担ったのか――。「米留二世」でもある著者が丹念に聞き取った、留学経験者たちの語り。

「本土復帰」50年を経て、初めて明らかになる当時の米国の思惑や「米留組」の葛藤。貴重な証言と一次史料をたどることで、沖縄の今とこれからを考える。

● ポイント 217pt

電子書籍50%還元電子商品詳細ページ/サイドバナー  電子
商品詳細ページ/サイドバナー 電子
946 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

946 税込