うしおととら 34 冊セット全巻

 漫画
●ポイント15% 2,142pt
15,708(税込)

作品概要

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!
●ポイント15% 2,142pt
15,708(税込)

買うほどお得! ポイント最大18%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 3
★★★★☆ ■ 0
★★★☆☆ ■ 1
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 4.50点/レビュー数4
5

最高の2人

2020-07-05 By さん

最初は絵が汚い感じで苦手でした。ですが、読んでいくうちにその絵のタッチが味になりストーリーに重要なエッセンスになっているように感じました。ストーリーは1話完結型のオムニバス形式で展開が進みますが貼られていった伏線を後半から回収していきます。今までの謎や最後の強敵の強大さにどう立ち向かっていくのか。
ラストは少年漫画らしい良い終わり方ですので読んでみてはいかがですか

うしおととら(紙書籍) についてのレビューです

5

傑作です

2018-12-01 By さん

沢山の魅力的なキャラ、子供も大人も人間も溶解も皆それぞれ一生懸命で何度泣かされたことか…。
個人的にはかまいたちの兄妹やキリオ&九印のエピソードが好きです!

うしおととら(紙書籍) についてのレビューです

5

泣けて感動してワクワクする

2013-07-08 By さん

妖怪とらと、主人公うしおの物語。人間を食うという目的のとらが、何のかんのいいながら、熱血主人公うしおのふりまわされる可愛らしさと、敵と闘う時の圧倒的な迫力、哀しい別れなど、どのお話を取っても感動のシリーズです。

うしおととら(紙書籍) についてのレビューです

3

絵が荒めで好き嫌い分かれがち

2018-12-18 By さん

少年時代に読んでいた本作。ストーリーや伏線の作り方はもやや強引ですがそんなものは全体の構成、見せ方、シビれる台詞が魅力的。

うしおととら(紙書籍) についてのレビューです

15,708(税込)