【ライトノベル】終焉世界の救世候補生<セイヴァーコード> (全2冊)
出版社オーバーラップ
作者深山ユーキニリツ
最終巻発売日2014年09月23日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


“終わり”の始まりは突然訪れた―罅割れた空から災厄獣が襲来し、人類の大半が死滅。残された人類は空と大地を閉ざし、災厄獣の襲撃をしのいで生き延びていた。しかし、雨宮都市にはかすかな希望―人類の救世主となるべく教育されている少女達がいた。少女達は『獣の因子』を持つものだけが操れる『神触装甲』を纏い戦いに身を投じる。犠牲が絶えない劣勢の最中、少女達の前に世界を救う戦い方を伝授するため、一人の少年が現れた!「俺か?俺の名前は、蔵内嶺路。お前たち、救世候補生の先生になる男だ!」彼がもたらすのは、救済か、あるいは世界の破滅か。終わりゆく世界で、絶望と希望が交錯するバトルファンタジー、開幕!

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】終焉世界の救世候補生<セイヴァーコード> 1巻【ライトノベル】終焉世界の救世候補生<セイヴァーコード> 2巻

ポイント3% 35pt
1,263 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ