ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう: 介護げなげな話
出版社小学館
作者岡野雄一
最終巻発売日2016年08月16日
版型四六版▶︎版型とは
カテゴリ青年漫画
タグ-
つぶやく


認知症になった母の自宅介護5年間を中心に、本音を炸裂させた爆笑エッセイです。 母親の”ぼけ”を少しずつ受け入れつつ、今考えると「母ちゃんはどれだけ寂しかったのだろう」と思うこと。 注意書きの貼り紙が家の中で少しずつ増えていったこと。 寝かせたまま移動できる車椅子に乗せていたら、顔が伸びたようになってしまったのを見て、大泣きしたこと。 介護する家族たちが通る道を歩ききった岡野さんは、「母からもらったものは、今でも気付いていないくらい多い」と言います。 でも、真っ最中の時は、親不幸なことをしているんじゃないかと思っていた。 岡野さんが救われたのは、 「いいんですよ、それが岡野さんのメシのタネになるんだから」 と言ってくれた人がいたから。 だから今度は、岡野さんが”ぶっちゃけ爆笑介護体験”で、真っ只中の人、これから立ち向かう人へ、「プチ親不幸」と「ガス抜き」を勧めます。

ポイント3% 33pt
1,188 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ