【ライトノベル】〜警視庁特殊能力係〜 (全3冊)

 漫画
出版社 集英社
作者 愁堂れな 円陣闇丸
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年08月20日
カテゴリ ライトノベル
タグ お仕事 警察 特殊能力

作品概要

一度見た人間の顔は忘れない――
「特殊」な能力を持つ新米刑事と「努力型」のエリート上司の事件ファイル!

警察学校を卒業したばかりの麻生瞬。
憧れの警視庁刑事部捜査一課に配属されたのだが、彼のデスクがあったのは地下二階、上司が一人いるだけの「特殊能力係」だった。
業務内容は指名手配犯の顔を覚えて街中で見つけ出す「見当たり捜査」と呼ばれるもの。
なぜこの係に配属されたかわからない瞬だったが、上司の徳永に言われて気がついた。
一度でも見たことのある顔なら必ずわかる、というのはどうやら普通ではないらしい......?

翌日からすぐに成果をあげはじめた瞬だったが、なぜか命を狙われるようになり――。

15年前の代議士死亡事故との関係とは!?
●ポイント1% 17pt
1,870 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧